相続トータルサポート関西  > 過去の勉強会報告

過去の勉強会報告

セミナー開催報告

7月19日(水)に25名の参加者の方にご参加いただき、7月度の勉強会を盛況に終えることができました。


今回は、テーマが「生産緑地の2022年問題と相続税の納税猶予」メンバーの和田清人土地家屋調査士と内田誠税理士を講師に、勉強会を開催いたしました。
和田講師からは「生産緑地の2022年問題」として、生産緑地や市街化区域内農地にかかわる法律・税制等の沿革、今後の選択肢、留意点等についてお話をいただきました。内田講師からは「相続税の納税猶予」として、農地の納税猶予のあらましや、2022年問題による影響、納税猶予を受けた時のメリット・デメリットについて、詳しく説明いただきました。
専門的な分野になりますが、お客様と一緒に2022年問題を考えて、正しい選択を行うことの大切さを学ぶことができました。


その後、懇親会にもメンバーを含めて17名の方にご参加いただき、有意義な時間を過ごすことができました。


次回は、9月22日(金)に勉強会を開催する予定です。

7月19日(水)「生産緑地の2022年
問題と相続税の納税猶予について」

セミナー内容

今回は、「生産緑地の2022年問題と相続税の納税猶予について」をテーマに、和田清人測量登記事務所 和田清人、税理士法人WEST BRAIN 内田誠よりお話いただく予定です。

2022年は、生産緑地が最初に指定されてから30年が経過し、生産緑地の買い取り申出が可能になる年にあたります。30年が経過して、買い取り申出を行うことで、多くの農地が宅地として市場に出回り、市場や有効活用に影響を与えることも考えられます。

相続税の納税猶予を含めて、都市近郊農地のこれからの活用について、土地家屋調査士の立場と、税理士の立場でお話しさせていただきます。

勉強会終了後、場所を変え、情報交換&懇親会を開催いたしますので、お時間があれば、ぜひご参加下さい。

日程

2017年7月19日(水)19:00〜20:45

場所

大阪市立生涯学習センター 第1研修室
(大阪駅前第2ビルディング5階)

講師

和田清人測量登記事務所 和田 清人
税理士法人WEST BRAIN 内田 誠

テーマ

「生産緑地の2022年問題と相続税の納税猶予について」

参加費

1名3,000円

懇親会

勉強会終了後に、情報交換&懇親会を行います。(費用:3,000円)

 

お電話でのお問い合わせはこちら

06-6110-5409

10:00~17:00 平日・土日(定休:祝日)
電話の場合、担当者がいない時は、折り返しご連絡します。
基本、メールでのお問い合わせをお願いします。